キルトに使うお道具

大事なお道具

キルト*道具の紹介

スポンサードリンク
パッチワークキルト&ハワイアンキルトに使うお道具をご紹介します。
私がキルトを作るときにいつも使っているものを中心に、
あったらいいな、これは便利!というものを集めてみました。

針にはピーシング用、アップリケ用、キルティング用、
しつけ用を使います。

それぞれの用途によってちゃんと明記されているので、
迷うことはないと思います。

ついつい違う針で代用してしまいそうにもなりますが、
仕上がりが驚くほど違ってくるのでためしてみると
良いと思います。
●糸
キルト用の糸にもたくさんの種類がありますが、
私はデュアルデューティーを愛用しています。

蝋引きされた糸にしっかりと張りがあり、
縫っている途中に絡まることもありません。

私の住んでいる町に限ったことなのかも
しれませんが…、だいたいどこの手芸屋さんでも
扱っているので手に入りやすいことも気に入っています。
パッチワークボード
ハワイアンキルトの時には使いませんが、
パッチワークキルトをするときには必需品です。

表はアイロン台として、裏はピースのしるしつけとして
使います。
裁ちばさみ
小刃の部分の細かいギザ刃で布をしっかりと捕らえ、
正確にカットできます。切り口は普通のはさみと
同じストレートです。布逃げのないFT加工仕上げ。

同じく少し小さいサイズはハワイアンキルトの
アップリケ布のカーブのきつい所など少しカットを
入れるときなどに大活躍です。

糸切りばさみ
はさみの先がとても鋭くなっていて切れ味も
抜群です。縫い間違いをして糸をほどく時にも
縫い目にすっと入ってくれるのでとても便利です。
まち針
針が細く布通りがよいので止めやすく、
頭が小さいので縫う時に、じゃまになりません。
●表布
ハワイアンキルトではもちろん、パッチワークキルト
でも100%コットンのものを使うのが一般的です。
小さなカットクロスから売られているのでついついたくさん集めてしまいます。

買ってきたら、必ず水通しをしておきましょう。
針の通りが全然違いますし、出来上がってから
布の縮みを防ぐこともできます。

●裏布
裏布も表布と同様100%コットンのものを
使用します。裏だから…とワゴンセールなどの
もので間に合わせず、裏だからこそ最高に気に
入った布を使ってくださいね。

はさみを入れるのがもったいないような、
素敵な柄の布を使うと、キルティングの時間が
何倍にも楽しくなると思います。
キルト綿
厚みや大きさなどいろいろあります。
薄いものを使うとキルティングがしやすくなり、
厚みのあるものを使うと難しくなりますが、
仕上がりがふんわりとぽこぽこっとした感じになります。

お好みで使うといいでしょう。色の濃いキルトを
作るときには黒いキルト綿を使うとキルティングの
針目からキルト綿の白い繊維が出てくるのを
防ぐことができて仕上がりもきれいです。
片面をアイロンで接着できるキルト綿もあります
キルトフープ
ある程度の大きさのあるキルトをキルティングを
するときには必ず使います。直径が
30cm〜50cm位のものがありますが、
35cmくらいのものが使いやすいでしょう。
私は楕円形のものを愛用しています。

この他にも、両手が使えて便利な
スタンド式のフープ
もあります。
ボーダー部分には半円形のフープを使っています。
キルトの端をフープについている布に安全ピンで
止めて使います。

キルトをフープにセットしたとき、必ずキルトに
たるみを持たせることを忘れずに。
カリスマペンシル
水に通すとラインが消える特殊な鉛筆です。

カラーも黒、白、黄の3色あるので、
生地に合わせて使い分けることが出来ます。

シャープペンになっているものもあります。
布用消しゴム
キルトラインが消えにくいときに使います。
シンブル
右側は右手の中指に使用します。
シンブルにはレザーコインの入ったものなど、
いろいろな種類がありますが、私は中指の爪の
下辺りで針を押すので全体が真ちゅうでできた
フリーシンブル
を愛用しています。

全体にでこぼこしているのでどこで押しても針が
ぴったりととまり、爪を伸ばしていても
あたらないようにカットしてあるのでネイルを
傷つけることもありません。左側の頭がフラットな
メタルシンブル
左手の中指に使用しています。
定規
定規にもいろいろな種類がありますが、
私は洋裁用の50cm方眼定規を愛用しています。
5mm間隔の方眼になっているうえ、1cmから
1.5cmの間は1mm間隔にも線が入っており、
バイアスラインも入っています。

キルト用の定規は固い素材でできているものが
多いですが、私は厚みも薄くしなりのいい
この定規が手放せないでいます。
しつけ糸
生成りのしつけ糸です。ほとんどの場合大丈夫
だとは思いますが、しつけ糸でもまれに色落ち
することがあるので、染色していないしつけ糸を
使うことをおすすめします。好きな長さにカットして
使えるところも便利です。
アイロン
主にパッチワークキルトのときに使います。
ピーシング時には、布のしわ取りや、
縫い代を整えるために使います。

一般的な家庭用のアイロンの3分の1の
軽さと小ささなので、小さなピースの
アイロンかけにはとても便利です。
アイロン面もすべりの良いフッソ樹脂加工です。
安全ピン
大きなタペストリーやベッドカバーを作るとき、
トップ、キルト綿、裏布をしつけで止める前には、
まち針ではなく安全ピンで止めていきます。

針の取り忘れを防ぐこともできます。
私は少しカーブしたものを使っているので、
キルト綿が厚くてもとても刺しやすいです。


●私の作ったオリジナルピンクッション
ピースワークのとき、待ち針1本だけを、
テーブルの上のピンクッションに刺したり、
戻したりがとてもめんどくさく、指にすぐさせる
ものがあれば便利だなと思って10年前に私が
作ったオリジナルピンクッションです。

キルティングするときに左手中指に使う
シンブルに綿を詰め小さなピンクッションを
作ったものと、多分、和裁に使うシンブルを
アロンアルファでくっつけて作ったものです。

今ではピンクッション付きのシンブル
市販されていますが、今でも私はこれを
愛用しています。
ラバーシンブル
針を持つ時に滑り止めのために使用します。
厚みのある生地や縫い代の重なった部分を
キルティングしたりするとき、
針が抜けにくいときにはとても便利です。
糸切リング
パッチワークキルトのピースワークでは、
何回も糸を切らなくてはいけないので
糸きりばさみを使うより何倍もの時間短縮ができます。
ペーパーライナー
6角形のヘクサンゴンのパターンを作るときには
必ず、使っています。布にしるしをつけるよりも、
ある程度の厚みのある紙に布をしつけで
止めてから巻きかがりで形づくって行く方が
6角形の形がきれいにでます。

配色を考えるときにも、
組み合わせやすいので便利です。

サイズもいろいろで一袋に70〜100枚ほど
入っているものが多いです。3〜5回は
繰り返して使えます。

他にも、ダイヤモンド、トライアングル
オクタゴン、サークル、スプール、変形ヘクサゴン、
スクエアなどの形のプレートがあります。
ロータリーカッター
パッチワークキルトのとき、ピースや
バイアステープのカットのときにあると便利です。
カッティングマット
ロータリーカッターを使い時にあると便利です。
はさみを使ってカットするときでもテーブルの
上でするよりは、布が逃げにくいです。
ハワイアンキルトテンプレート
初心者でも気軽にハワイアンキルトを
楽しむことができます。縫い代も自由に
つけることができて便利です。
●パッチワークテンプレート
面倒な製図なしにダブルウェディングキルト
が作れます。プラスティックなので布の印つけも
正確にできます。

キルトラインのテンプレートも便利です。
ハワイアンキルトスケール
エコーキルト(波紋)の印つけが簡単に描けます。
My Profile 素敵なサイトのリンク集
パッチワークキルト ハワイアンキルト ハンドメイド お買い物
*パッチワークキルトとは
*パッチワークパターン
*パッチワークキルトの作り方
*キルトでめぐる世界旅行…夢
*作品集
*大事なお道具

*キルトジャパンのコレクション
*キルト&手芸の本
*ハワイアンキルトとは。。。
その魅力。。。

*ハワイアンキルトのモチーフ
*あこがれのキャシー中島さん
*作品集
*ハワイアンキルトの作り方

<大好きなハワイについて>
*ハワイの歴史
*ハワイ語
*ハワイのウエディング
*ショッピング
*ハワイアンジュエリー
*フラ
*ハンドメイド バッグ&ポーチ

<ハンドメイドをもっと楽しく>
 +オリジナルタグ
 +スタンプ
 +レース
 +ボタン

*ハンドメイドギャラリー

*洋裁に使うお道具
*おすすめ生地屋さん
*おすすめ副資材ショップ


*生地素材別・材料別・お道具を探す
キッチン&暮らし
*キッチンを素敵に演出
*圧力鍋
*IHクッキングヒーター
*佐伯チズさん美肌スープ
*おばあちゃんの知恵袋
ハンドメイドブログ オークション
*atelierkaori *My オークションブース
**************************************************************************************************

Copyright(C) キルト&キッチン TOP All rights reserved

**************************************************************************************************