洋裁に使うお道具

洋裁に使うお道具

洋裁*道具の紹介

スポンサードリンク
洋裁をする時に使うお道具をご紹介します。
私がソーイングするときにいつも使っているものを中心に、
あったらいいな、これは便利!というものを集めてみました。
工業用ミシン
直線縫い専用のJUKIの工業用ミシン。
パタンナーをしていた時に購入しました。
ほとんどのソーイングはこれだけで仕上げます。
縫い目がぶれず、テーブルも広いのでとても縫いやすく、仕上がりもきれいです。裏地から、デニム、革製品まで何でも縫えます。

足元のペダルは縫うだけでなく、糸切りもできて便利。
ちょっと分かりにくいですが、テーブル下中央の丸くて黒いバーをひざで横に動かすと布押さえが上げられるので、縫うだけに集中できます。


ここまで大きなタイプではなく、卓上のコンパクトタイプも種類がたくさんあります。
ロックミシン
ちょっと古いタイプですが、2本針4本糸のベビーロックを愛用しています。布端かがりをジグザグミシンでしても良いのですが、ロックミシンの仕上がりには勝てません。一台あるととても便利です。

ニットを縫う時にはこれ一台で強度も問題無しです。

1本針3本糸で巻きロックもできます。
自動糸通しもついてピンセットを持ちながらイライラすることもありません。
コンピュータミシン
ボタンホールを作る時だけはこれが活躍します。

コンピュータミシンにもいろいろなメーカーがあり、刺しゅうやステッチなど魅力的な機能も満載ですが、ボタンホールに関してはブラザーがおすすめです。

実際に使うボタンをセットするだけで、ボタンホールを自動で縫ってくれるのはもちろんですが、ボタンホールの形に地縫いをしてから縫うのはブラザーだけです。とてもしっかりした仕上がりになります。
裁ちばさみ
いろんな種類がありますが、裁断するときには、ある程度の大きさと重さのあるはさみが便利です。布逃げがなく切れ味のよさを保つためにはお手入れも大切。刃物やさんで研いでもうらうこともできます。
少し小さいタイプは細かい部分を切るのに便利です。
糸切りばさみ
はさみの先がとても鋭くなっていて切れ味も抜群です。縫い間違いをして糸をほどく時にも縫い目にすっと入ってくれるのでとても便利です。
ポリエステルスパンミシン糸
ほとんどのソーイングはこれで縫っていきます。
強度もあり、ツヤもあって仕上がりがきれいです。

糸の長さもシャッペなどに比べて断然長く、良く使う色ならこの、工業用のミシン糸を揃えておくとお値段もお得です。

ロックミシンの糸として使うこともあります。

普通地にはあ60番手、厚地には30番手を使います。
ウーリーロックミシン糸
ニットを縫う時の上下のかがり糸として使ったり、巻きロックの時に使ったりします。
ロックミシン糸
名前のとおりロックミシンの糸です。
地縫い、かがりとこれ一本でOK。
糸同士のもつれが少ないので使いやすい糸です。
レジロン糸
ニットを縫う時に使います。
糸を引っ張った時の伸びがとても良く、切れにくい糸です。
シルクピン
仮縫いや立体裁断の時に使います。
待ち針よりも細く、頭もないのでデザインの仕上がりを見るときの邪魔になりません。
ボディ
立体裁断の時に使ったり、仮縫いの時に自分の代わりに着せてみたり、用途はいろいろです。

なかなか普段購入する機会はないと思いますが、冬場はコートを引っ掛けておいたり、お気に入りの服をディスプレイしてみたり、あると意外な使い方も見つかって楽しいですよ。
袖馬
袖の部分や細かい部分にアイロンをかける時に使います。
定規
洋裁には製図から仕上げの段階までたくさんの定規を使いますが、私は主にこの3本を使っています。
上から製図のカッティング用、50cm方眼定規、カーブルーラーです。
製図の仕上げに縫い代をカッティングする時に使います。
方眼定規は製図から仕上げまで使います。5mm間隔の方眼になっているうえ、1cmから1.5cmの間は1mm間隔にも線が入っており、バイアスラインも入っています。厚みも薄くしなりもいいのでちょっとしたカーブならメジャーを出すこともありません。
カーブルーラーは主に袖の製図をする時に使います。
製図用シャープペンシル
製図をする時に使うシャープペンシルです。
普通のシャープペンシルとの違いは下の写真で分かるように、芯の出てくる部分が細長くまっすぐになっているところ。

普通の事務用のシャープペンシルはここまで長くなっていません。

定規に当たるこの部分が長くなっていることで、ミリ単位のズレがなく正確なラインを引くことができます。
製図用紙
私は2色の製図用紙を使っています。
主に白を使うのですが、新しいパターンを描く時、そこから、表布、芯地を描き出すときに使います。

ピンクは裏地を描き出すときに使います。

裁断時のミスを無くすために2色を使い分けています。
文鎮
大きな製図用紙を押さえておくために使います。
小さいけれどかなりの重さがあり、でも重ねて置いておけるので収納はコンパクトにできます。
カッティングマット&カッター
製図をし、一つ一つのパターンにカットする時にはカッターを使います。
大き目のカッティングマットがあると便利です。
テープ芯
いろんな種類のテープ芯。
左側の上下は、片面接着テープ。バッグや小物、服の襟元、裁断でバイアス状になった部分を縫うときの伸び止め…etcいろんな場所によく使います。

右上はナイロンインベル。スカートのベルト芯として使います。接着タイプとそうでないものとあります。

右下は両面接着テープ。生地と生地の接着に使います。ミシンを掛けられない部分や、ちょっと接着、といったときアイロンで簡単に使えるので便利です。
接着芯
布状の芯地です。
薄地の生地をしっかりと仕上げたい時、バッグの底など強度を持たせたい時に使います。
チャコナー
ソーイングをする時に、是非おすすめしたいのがこのチャコナーです。
昔からある固形のチャコに比べ、粉がとても細い線で出てくるので、印付けだけでなく、縫い目そのものの線を引くとソーイングの腕がぐっとあがります。
詰め替え用の粉もあり、色も白、ピンク、黄色など揃っています。
ボタン付け糸
ボタンをつける時には、普通のミシン糸で代用せずボタン付け糸を使うと強度も仕上がりも全然違います。

ステッチ糸としても使えるので、何色か持っていると便利です。
目打ち
細かい部分をミシンで縫う時に布を押さえたり、角をひっくり返したり、使い方はいろいろ。是非1本持っておきたいアイテムです。
ひも通し
ソーイングだけでなく普段のひもやゴム通しに大活躍。
ヘアピンや安全ピンで代用している方もあると思いますが、これも是非是非揃えておきたいアイテムです。
このページで紹介したアイテムのいくつかはアパレル・手芸のプロ用具 匠TAKUMI  またはTOPページでで検索することができます。
My Profile 素敵なサイトのリンク集
パッチワークキルト ハワイアンキルト ハンドメイド お買い物
*パッチワークキルトとは
*パッチワークパターン
*パッチワークキルトの作り方
*キルトでめぐる世界旅行…夢
*作品集
*大事なお道具

*キルトジャパンのコレクション
*キルト&手芸の本
*ハワイアンキルトとは。。。
その魅力。。。

*ハワイアンキルトのモチーフ
*あこがれのキャシー中島さん
*作品集
*ハワイアンキルトの作り方

<大好きなハワイについて>
*ハワイの歴史
*ハワイ語
*ハワイのウエディング
*ショッピング
*ハワイアンジュエリー
*フラ
*ハンドメイド バッグ&ポーチ

<ハンドメイドをもっと楽しく>
 +オリジナルタグ
 +スタンプ
 +レース
 +ボタン

*ハンドメイドギャラリー

*洋裁に使うお道具
*おすすめ生地屋さん
*おすすめ副資材ショップ


*生地素材別・材料別・お道具を探す
キッチン&暮らし
*キッチンを素敵に演出
*圧力鍋
*IHクッキングヒーター
*佐伯チズさん美肌スープ
*おばあちゃんの知恵袋
ハンドメイドブログ オークション
*atelierkaori *My オークションブース
**************************************************************************************************

Copyright(C) キルト&キッチン TOP All rights reserved

**************************************************************************************************