ハワイ*フラ

 ハワイ〜フラ

ハワイ*フラのページ

スポンサードリンク
 ハワイといえばフラを想い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
私たち日本人にも馴染みの深いポリネシアン文化といえばフラダンスと言ってもいいかもしれません。
ハワイのフラにもまた伝説や神話などたくさんあります。
ここでは、ハワイのフラについて、その歴史、音楽、衣装などを紹介していきます。
フラとは

昔のハワイアンたちにとって、フラは祭壇の前で神々に捧げるための踊りでした。

森羅万象に宿る神を崇める宗教儀式として伝承されてきた古代ハワイアンが神話や伝説を伝え、また平和や愛や繁栄、勝利への願いなどを託した大切なメッセージでもありました。

地域や家系ごとにこの無形の文化を受け継いでいく選ばれた伝承家(クムフラ)がいて、その系譜は現在もフラの師として継承されています。フラはスピリチュアルな宗教儀式でした。

また、ハワイのフラは文字がなかった時代に神々の伝説や先祖の話を伝えるコミュニケーション手段で、言葉では伝えきれないものを、踊りで表現したものです。

虹、雲、雨、風、太陽、海、山、花、大地、空…、自然という形で存在する神々をたたえ、語りかける言葉のひとつひとつをフラで表現した美しい踊りです。

通常、ダンスというと音楽に合わせるもので、言葉はほとんど意味をもちませんが、フラは詩を理解して踊る「言葉ありき」のダンスです。踊り手は、メレ(歌)の内容・本質を理解して表現しなければならないので、ハワイ語に造詣が深いことが要求されました。

フラが、初めて文字で記録されたのは、ハワイを発見した1778年です。日本は、まだ江戸中期頃でした。

フラは、現在、伝統のスタイルを受け継ぐスピリチュアルな古典フラ(カヒコ)と、多彩な楽器を使った華やかな現代フラ(アウアナ)とがあります。

カヒコは、多くの宗教的意味を持つ神話・伝説、神への賛歌を起源とし、王朝への賛歌、大地と自然への詩などハワイの歴史と文化など要素を含んでいます。

カヒコの踊り手は神々が宿るマイレやパラパライという神聖は葉で作ったレイをつけ、天然素材の木綿の服を着て踊ります。
アウアナは、主に男女の愛の要素を含み、その詩はいわゆるハワイアンソングです。

1886年イオラニ宮殿でカラカウア王の50歳の誕生祝いのパーティーで初めて披露されました。

私達がテレビや観光などでよく見ることができる、ムームーを来て、ウクレレやギターの音楽にあわせて踊るフラは、アウアナです。

「カヒコ」「アウアナ」という呼び方になったのは、1964年津波の被害にあったハワイ島・ヒロの街をよみがえらせるために開催されたフェスティバル”メリー・モナーク・フェスティバル”以後の事です。

私達がよく口にする「フラダンス」・・・実は、フラ(hula)はハワイ語で[ダンス・踊る]を指す言葉です。ですから、「フラダンス」では、ダンス・ダンスという意味になってしまいます。ハワイ語での正式名称は「フラ(hula)」と呼ぶのが普通です。
フラ発祥の地

また、「フラ発祥の地」にも諸説があります。
一部には、ハワイが本来の発祥の地だという意見もありますが、一般的にはカヒキ(おそらくタヒチであろうと考えられている)が起源であるという説が強いようです。

伝説によれば、モイケハという首長の息子ラアがカヒキからハワイにやってきた際に、聖なるパフ・ヘイアウやカーエケ・エケをもたらし、その後フラで使われるようになったといわれています。

ラアは、カヒキに戻る前に、島を渡り歩き踊りを教えて回ったといわれています。また一つには、フラの女神ラカを祀るカウアイ島のカウル・オ・ラカ・ヘイアウ(直訳すると、「ラカのインスピレーション」)です。

この神殿には、ラカの姉・女神ペレがここで踊っていた首長ロヒアウを見て恋に落ちたという伝説があります。

大昔からフラを学ぶ者が、この地を訪れ修行を積んだといわれ、カウアイ島北部の不便な場所にあるにも関わらず、いまでもフラを学ぶ人々が捧げる花が絶えません。

女神ラカがモロカイ島の聖地カアナにフラを生んだという説もあり、モロカイ島では毎年5月にフラの誕生を祝い、カフラピコ(「踊りの中心」の意味)という祭りが開かれています。
フラの歴史

神話のなかに神々がフラを興じる様子が描かれているほど、フラには古い起源があります。
もともとは、神への礼拝の儀式の際に、男女の踊りとして奉納されていたものでした。

ハワイに旅行に行ったことのある方は、耳にしたことがあるかもしれませんが、「Hawai'i is hula and hula is Hawai'i」(フラとはハワイであり、ハワイとはフラだ)と表現されるほど、ハワイに根ざした文化といえます。

またフラにも悲しい歴史があります。1820年にアメリカ・ボストンからハワイ島コナに上陸した宣教師団によって、「フラ」は卑猥な動きであるという理由により禁止されていた時代がありました。

宣教師達には露出の多い衣装(男性はマロといわれるふんどし姿、女性は腰ミノだけ)が猥雑に映り、また一神教であるキリスト教を信仰させるため自然界の神々を崇拝するフラとオリ(朗唱)を禁止するよう、当時の女王・カフマヌ(カメハメハ大王の妻)に進言します。

女王はこれを受け入れ、カメハメハ2世に命じ1830年公式の場でのフラの禁止令を発令します。1874年にカラカウア王によって、禁止令が解かれるまで約50年もの間、フラは批判され公の場から姿を消すことになります。

「Merrie Monarck(陽気な王様)」と呼ばれパーティーや洗礼されたものが好きな反面、ハワイ文化の保存に熱心だったこともあり、自らの戴冠式の際に「フラ」を復活させました。

今でも、毎年4月にハワイ島のヒロで行われている「フラ」のフェスティバルを「Merrie Monarch Festival」と呼び、その功績を称えています。彼がいなければ、あの美しい踊りはこの世から無くなっていたかも知れません。

カラカウア王により復活したフラですが、1898年ハワイ王朝が崩壊し、アメリカとなったハワイではハワイ語を話すことを禁じられ伝統に根ざしたカヒコ(古典フラ)は衰退していきます。

一方でハワイが、アメリカ軍の保養地や、正解的な観光地となる中、ハリウッド映画が観光宣伝用の映画を年間約20本制作しました。

そんな中、アウアナは観光客を楽しませるために露出度の高い衣装で踊られ、音楽もハパ・ハレオ・フラソングが数多く作られました。

(ハパとは「半分」、ハレオは「白人」の意味です。)伝統的な音楽に加え、ハパ・ハレオが大多数を占め、フラはビジネスの一部として取り込まれていきます。こうしてアウアナは、エンターテインメント性の高いものに変化していきます。

ハワイのアメリカ化に伴い本来の意味を失くしかけていたフラでしたが、1970年代に世界中で少数民族独立の動きがあり、ハワイでも伝統文化を復活させようとする運動が活発になりました。

様々な伝統文化の一つとしてフラも古代のスタイルを復活させようという動きが強まり、1971年、こういった動きの中で民族意識が高まり、ハワイの人間国宝でもあるクム・フラ(フラの先生)ジョージ・ナオペ氏や数人のクム・フラが中心となり、競技会形式のコンペティションが開始され、一時衰退していた伝統的な、古典フラ、カヒコも注目を集めるようになります。
フラをテーマにしたキルト

神様に捧げる踊りだったフラの楽器や道具をキルトのパターンにするようになったのは、フラが親しまれるようになった最近のことです。ウクレレ、ウリウリ、イプヘケ、フラパフなど、フラに用いる楽器とともに、マイレやレフアなどフラにゆかりのある植物を組み合わせてパターンに使います。

甘い香りのマイレは神様が宿った姿だとして尊ばれているつる性の葉。レフアの花の精ホーポエはフラの名手で女神ヒイアカにフラを教えたとされるため、フラの踊り手にとって憧れの花。上達への願いを込め、フラを愛する人に贈りたいキルトです。
フラの音楽

音楽にもカヒコとアウアナとでは、違いがあります。伝統のスタイルを受け継ぐスピリチュアルな古典フラ(カヒコ)では、音楽というよりイプなどの打楽器によるリズムやチャント(詠唱)にあわせた振り付けのようなものでした。

さらに、チャントに節がついてメレ(歌)となり、フラ(踊り)とともに物語を伝承してきたのです。多彩な楽器を使った華やかな現代フラ(アウアナ)は、ハワイ王朝の7代目カウカウア王によって、新しい文化として復興を遂げた時に、すでにハワイに登場していたウクレレやギターの音楽にあわせて歌と踊りが披露される華やかなものです。

しかし、フラは、その構成要素としてカヒコにしてもアウアナにしても無くてはならないメレ『歌』があります。メレは、「詩的形式の物すべて」を意味しますが、ハワイでは古来より詩はリズムもしくは音楽とともにあります。

単純な韻律から打楽器によるリズム、ウクレレなどの楽器、フルコーラスのバックバンドにいたるまで、詩と歌は一体です。 

メレは、大きく分けてメレ・オリとメレ・フラに分類され、メレ・オリは踊りも、楽器の演奏も伴わない物を指し、メレ・フラは踊りを伴うものです。カヒコでもアウアナでも踊るときの歌がメレ・フラです。

昔のハワイでは、歌や音楽はすべて男性によるものでした。そして、踊る以前に最初に覚えなければならないのが歌や祈りの言葉であり、フラにおいて、もっとも基本であるとされています。

ジョージ・ナオペ氏は3歳からフラを学んだそうですが、12歳になるまで9年間、チャンティングだけを繰り返し学んだそうです。それだけ、詩が重要であり、歌唱法を身につけることでフラを理解し、踊りに結びつけられるのだと言えます。

カヒコに用いられるメレ・フラやオリは、古来口承で伝えられ、録音などは御法度とされてきました。元々ハワイ語自体が文字を持たない言葉だったため、キリスト教の弾圧によって多くのメレが失われてしまいました。

カヒコにしても、アウアナにしても詩に込められた言葉を躍りで表現することに違いはありませんが、音楽としての観点から見るとその形式は大きく異なります。フラ・アウアナの音楽は、ウクレレやギターなどの弦楽器、または複数の現代楽器が加わり踊りと同様に自由度が高いものです。
フラの楽器

ハワイを代表する楽器といえばウクレレですが、フラでウクレレが使われるのは現代フラ・アウアナだけです。古典フラ・カヒコでは、以下に挙げるハワイ古来の楽器が使われます。どれも自然の素材で作られた打楽器です。

カヒコは、このようなハワイ古来の打楽器のリズムに合わせて踊られます。打楽器以外には、儀式のはじまりを告げる時に吹き鳴らすプー(ホラ貝の一種)や、竹製のノーズフルート(鼻笛)などがあります。これらの楽器は、どれも複雑なメロディーを奏でる物ではありません。

 フラで使われる主な楽器

▲ipuheke(イプヘケ)
チャントを唱える人が使用する楽器で、ヒョウタンをふたつ貼り合わせる。
くびれた部分にひもをまきつけ、ひもの先は手首にまきつけて楽器に添えます。

▲uliuli(ウリウリ)
羽飾り付きのマラカスのようなもの。持ち手の部分はヒョウタンでできていて、なかにアリイ・ポエの実を入れます。使用するときは片手に1つ、あるいは2つ持つ場合と、両手に1つずつ、あるいは2つずつ持つ場合があります。

▲ipu(イプ)
イプという、ヒョウタンから作られた打楽器でした。ダンサーが踊りながら叩いてリズムを刻みます。

▲Pahu Hula(パフ・フラ)
 チャンターが使う大型の太鼓。ココナッツの木をくりぬきサメか牛の皮を張って作られます。

▲Puniu(プニウ)
ココナッツの実を半分にしてサメか牛の皮を張った打楽器。チャンターが膝にくくりつけて叩きます。

▲'Ili 'Ili(イリイリ)
両手に2コずつ小石を握り、カスタネットのように打ち合わせて音を出します。4コで1セット。

▲Ukulele (ウクレレ)
みなさんがよくご存知のウクレレ。
当初ハワイで「ビラ・リイリイ」(ハワイ語で小さい弦楽器の意)の名で呼ばれていました。指先で軽快に奏でる様子を見ていたハワイの人々は、「ノミ(ウク)が跳ねているよう(レレ)」だと表現したことから、後に「ウクレレ」と呼ばれるようになりました。

カラカウア王の妹、リリウオカラニ女王がポルトガルからもたらされた経緯にちなんで「やってきた贈り物」(ハワイ語で、「ウク」は贈り物、「レレ」はやってきたという意味もある)とウクレレの意味合いを詩的に解釈したとの説もあります。

ポルトガル人がハワイ移民局に移民の登録を行った1879年8月23日にちなんで8月23日を『ウクレレの日』と定めています。 現在は、ハワイ原産のコアの木で作られるようになりました。ハワイでは、レッスンの時もウクレレの伴奏に合わせて踊ります。
フラの衣装

現在では、フラを踊ることに男女を問いませんが、伝統を重んじるスピリチュアルなものであるだけに、貴金属などの装飾品は一切身に着けず、マナ(霊力)が宿るとされる髪は切ってはいけないとも伝えられています。

また、神にマナをもらうためにレイを身につけました。現代フラ、アウアナの衣装はデザインも柄も実に多彩で華麗。踊る人にとっても見る人にとっても大きな魅力となっています。

フラは、歌や音楽・踊りなどで構成されますが、身を飾る花々や楽器、場所、衣装などもまた重要な要素です。それらは、それぞれ深い意味があり的確な理解を求められます。

フラを踊る際、ハワイの人々は歌や土地に合わせた衣装や小物を身につけます通常フラの衣装は、そのとき踊る歌や祈りを捧げる神々、土地のイメージに合わせて選びます。衣装やレイなどの小物は、基本的に踊り手が自ら作る物ですが、それらの技術も代々受け継がれて行きます。

また使われる材料は踊る場所や花々と同様に神聖なものとされているため原則として天然の素材から作られたものを使用します。「フラを踊るときに身につける衣装やレイは、すべて自然の中で育つもの。そこには常に神々の力が作用している」とハワイの人々は言います。
レイ

これほどハワイに広く普及しているレイとは、はるか昔、癒しの女神・ヒイアカが、プナの海岸で火山を思わせる赤いレフアの花飾りを姉のペレに捧げとされる神話からハワイの人々の間に、レイを贈る習慣が誕生したと言われており、今日まで、レイは神々への供え物とされてきました。

英語や日本語でも広く使われていますが、もともとはハワイ語で、首飾り一般を指す言葉です。また、動物の首の模様などの意味や子供などかけがえのない存在を示す比喩的表現にもなります。

ハワイに行かれたことのある方は、空港やホテルに着いたときに「ALOHA!」の言葉とともにレイを掛けてもらったことがあると思います。

これは、形式的なサービスではなく、ハワイならではの歓迎の表現で、ハワイでは、誕生日や卒業式・結婚式といったイベント毎にレイを贈る風習があります。

特に結婚式では、花嫁に贈るピカケのレイ。ピカケはハワイ語で『孔雀』の意。結婚式の朝、蕾の状態で摘んだピカケでレイを編み、初夜ベットサイドにかけておくという習慣があります。朝になると白からピンクに色を変える事から「花嫁の恥じらいの花」と呼ばれています。プリンセス・カイウラニが愛した花としても知られています。

・マイレ 「神の足跡」/フラの女神・ラカの化身と言われる植物。ハワイでは大切な人に魔よけとして贈る習慣があります。手足につけるクウペエとして花のレイと合わせてまとう事もあります。香りが高く高貴な植物とされ、結婚式などのセレモニーでは男性が身に付けることが多いようです。

レイは、現代では”感謝”や”愛情”の表現として用いられています。レイが輪になっているのは、「ALOHA」の心が永遠に続きますようにという願いが込められているからだそうです。

レイの文化とフラは深い結びつきがあります。フラを踊るときのレイには3種類あり、単なる飾りではありません。頭につける「レイ・ポオ」(覚えたフラを忘れないように)、手足・足首につける「レイ・クウペエ」(振りを間違えないように)、首につける「レイ・アイ」(悪い気が体にはいらないように)とそれぞれ意味を持ちます。

また、つける順序にも足→手→首→頭と下からつけていきます。これは、大地の気(マナ)が足の爪先から体に入ると考えられているためです。

レイは、花・葉・木の実・鳥の羽などで作られ、フラを踊る時には欠かせないアイテムであることがわかります。カヒコ(古典フラ)を踊る時に使われる「グリーンレイ」は特に神聖なもので、マナを引き出すための大切なレイと考えられています。

ですから、売ったり買ったりする物ではなく、必要な分を山に摘みにいき、自分で作るのが当たり前のようです。

グリーンレイで使われる植物
 ・Laua'e(ラウアエ / フラの女神ラカが好む葉の一つ)
 ・Ti Leaf(ティ・リーフ / 心身を癒したり邪心を払う力がある)
 ・Palapalai(パラパライ / ラカが宿るといわれている植物)

ハワイの伝説に登場する、火山の女神ペレ・フラの女神ラカ・初めてフラを踊ったペレの妹ヒイアカなどの神々への捧げものとして使われる神聖な植物を使って作られるのがグリーンレイです。

大切な舞台を控えた踊り手は、レイに必要な花や葉を集めるために山に入るそうです。山の神に草花を摘む許しを得て、自らの手でレイを作り上げます。そして無事に舞台が終わると感謝の祈りを捧げ、木の枝に下げるなどして山の神に返すのだそうです。

ハワイには、それぞれの島を象徴する色があり、その土地をイメージする植物があります。レイも、フラで用いられるときは、歌の意味に合わせてレイに使う花を決めるようです。詩にプルメリアが歌われているときはプルメリア、ピカケならピカケといった具合です。

また、ハワイ各島には、以下のようにそれぞれの島を表すレイと色があります。

オアフ島 イリマ(ilima) 黄色・オレンジ
マウイ島 ロケラニ(Lokelani) ピンク
ハワイ島 レフア・オヒア(Lehua Ohia) 赤
カウアイ島 モキハナ(Mokihana) パープル
ニイハウ島 ププ(ニイハウ・シェル) 白
ラナイ島 カウナオア(Kauna`oa) オレンジ
モロカイ島 ククイ(kukui) グリーン
カホラヴェ島 ヒナヒナ(Hinahina) グレー

これらのオフィシャル・レイは、1923年ハワイ議会で決定されたもので、イベント等で各島の代表が集まる際には、公式のレイをつけることが慣習となっています。それぞれの島にちなんだ曲を踊るときは、シンボルであるレイをつけ、ドレスもその色に合わせて作ります。
代表的なフラゆかりの場所
・カウアイ島
▲カウル・オ・ラカ・ヘイアウ
▲ワイカナロア洞窟
▲ポリアフ・ヘイアウ


・オアフ島
▲クカニロコ
▲クアロア
▲カラカウア王銅像


・モロカイ島
▲カアナの丘
▲ハラワ渓谷
▲カマコウ


・ラナイ島
▲神々の庭園

・マウイ島
▲イオア渓谷
▲カウイキの丘
▲ハレアカラ


・ビック・アイランド(ハワイ島)
▲マウナ・ケア
▲ワイピオ渓谷
▲キラウエア
▲アカカ滝

 
My Profile 素敵なサイトのリンク集
パッチワークキルト ハワイアンキルト ハンドメイド お買い物
*パッチワークキルトとは
*パッチワークパターン
*パッチワークキルトの作り方
*キルトでめぐる世界旅行…夢
*作品集
*大事なお道具

*キルトジャパンのコレクション
*キルト&手芸の本
*ハワイアンキルトとは。。。
その魅力。。。

*ハワイアンキルトのモチーフ
*あこがれのキャシー中島さん
*作品集
*ハワイアンキルトの作り方

<大好きなハワイについて>
*ハワイの歴史
*ハワイ語
*ハワイのウエディング
*ショッピング
*ハワイアンジュエリー
*フラ
*ハンドメイド バッグ&ポーチ

<ハンドメイドをもっと楽しく>
 +オリジナルタグ
 +スタンプ
 +レース
 +ボタン

*ハンドメイドギャラリー

*洋裁に使うお道具
*おすすめ生地屋さん
*おすすめ副資材ショップ


*生地素材別・材料別・お道具を探す
キッチン&暮らし
*キッチンを素敵に演出
*圧力鍋
*IHクッキングヒーター
*佐伯チズさん美肌スープ
*おばあちゃんの知恵袋
ハンドメイドブログ オークション
*atelierkaori *My オークションブース
**************************************************************************************************

Copyright(C) キルト&キッチン TOP All rights reserved

**************************************************************************************************